不正

IPPFはボランティア、スタッフ、請負業者、パートナーや利用者による、いかなる状況下の、いかなるタイプの不正も絶対に許しません。

IPPFに対する不正は、事業を実施するための資金を枯渇させ、効果的な機能を損ない、支援者からの拠出金を流用して持続可能な発展を危うくします。

IPPFの利益となる不正も、IPPFの評判や、倫理にかなった寄付を集める能力に影響を与えます。

実際の不正、また疑わしいケースが発見されたり、報告された場合、強力で迅速な調査が実施されます。

不正を発見した場合は、info@ippf.orgに報告してください。このプロセスはIPPF内部告発規定に定められた報告原則に基づき、あなたの秘匿性と安全性は確保されます。

匿名で報告することもできますが、この方法は、その後に続く調査を困難にさせるだけでなく、IPPFが追求すべきでない、誤った悪意ある告発につながるかもしれないので奨励されません。

不正の報告にあたっては、以下の詳細を記載してください:

  1. 誰が疑惑の不正行為に関わっているか。氏名、肩書き、連絡先の詳細などをご記入ください。

2.  何が起こったのか。疑惑の不正行為の詳細をできるだけ正確にご記入ください。

3.  いつ不正行為が行われたか。

4.  どこで不正行為が行われたか。

5.  どのように不正行為が行われたか。例えば、行為を実行するに当たり、チェック、手続き、または予防手段などの迂回、または違反があったか。

6. あなたの知る限り、なぜ不正行為が容疑者により実行されたと思うか。

7. 特定の証拠(例えば文書や証人)を知っているか。その文書をどのように見つけ、その承認に連絡することができるか。

8. IPPFからあなたに連絡するにあたり、最もよい連絡先の詳細をお知らせください。

このページをシェアする