国際援助透明性イニシアチブ(International Aid Transparency Initiative : IATI)

国際家族計画連盟(IPPF)は、「国際援助透明性イニシアチブ(International Aid Transparency Initiative : IATI)」にコミットしており、事業の透明性・説明責任を進めるための自主的な取組の一環として、全事業に関する情報を公開しています。 IPPFは、プロジェクトや事業の結果に関する情報発表事業を始めました。これには、重要文書(ログフレーム、業績統計、報告書、評価)やファンドの規模を含みます。さらには、他のIATI登録機関のものと同様に、IATIの指定した様式(IATI-XML)に対応したデータを公開しています。 この情報を公開する理由は、以下のとおりです。

1. IPPFの資金のほとんどは、ドナー政府からの拠出金です。IPPFの事業やプロ ジェクトの結果についての詳細情報を公開することにより、IPPFはドナー政府だけでなく、自分のおさめた税金がどこでどのように使われたか知る権利を有するそれらの国の納税者に対しても、より一層説明責任を果たせるようになります。

2. IPPFは、「援助効果向上に関するパリ宣言」の目的を果たすことにコミットしています。そして、IATIプロセスによって育まれた、より高い透明性と説明責任が、これらの目的を果たすことを可能にすると考えます。

3. IPPFは、高い透明性と説明責任が組織の事業効果を引き上げるものと考えます。事業に関する詳細情報を公開することによって、自らをよりコストパフォ=マンスの高い、サービス利用者により高い説明責任を果たせる組織になるよう押し上げます。

まず、2012年のコア使途限定のない事業に関するデータを公開しました。これは、2012年度の支出6億7千2百万ドルと、6億8千6百万ドルの資金、同年度の全支出と全収入の5割以上におよぶものです。

このページをシェアする