モニタリング評価と学習

いかなる健全な学習する組織においても、モニタリングと評価は、重要です。それは、以下の3つの質問を投げかけるからです:私たちは正しいことをやっているか。私たちはそれをうまくやっているか。そして、それを行うより良い方法はあるか。

IPPFの成果は、利用者に提供される多くの質の高いサービスに反映されるとともに、国内・地域・国際レベルでの効果的なアドボカシーにより、性と生殖に関する健康と権利に違いをもたらします。

適切で質の高い情報によって、IPPFは、国内、地域、国際的な支援者、政策立案者やパートナーにその活動の成果を実証できます。 IPPFは毎年30に及ぶ地球規模の指標を通じて情報を収集しています。これらの情報は、不足部分や改善個所を発見するため、また長期的な運営傾向を分析するために使われ、企画立案と予算策定の過程で勘案されます。そうすることで、継続的に活動の事業効果を高め、ますます意欲的な目標を設定することができるのです。

IPPFはまた参加型質的評価を行い「IPPFが生活を変える(IPPF Changing Livesに生かしています。

IPPF事務局は、モニタリング・評価と学習に関する技術支援、助言と指針を提供するとともに、IPPF全体のモニタリング・評価と学習活動の質を監督しています。

IPPFの加盟協会は、ニーズ・アセスメント、モニタリング・評価研究、並びにベースラインとプロジェクト終了時の調査を実施する必要があります。彼らはまた、自らのモニタリング・評価能力を査定し、改善すべき領域を見出します。

IPPFは学習する組織であり、独自の、また他者の経験から学ぶことの重要性を認識しています。双方向的で国際的なシステムを通じて、IPPFは連盟全体として、組織の効率性を高めるためにこの知識を活用しています。

IPPFのモニタリング・評価と学習の詳細は以下で知ることができます:

・ 戦略的枠組

・      年次事業報告書

・      モニタリング・評価ハンドブック

・      組織学習戦略

このページをシェアする