年次大臣級レビュー会議(AMR)

2007年に始まった「年次大臣級レビュー会議(AMR)」は、ミレニアム開発目標(MDGs)や過去15年間に主要国連会議で合意された開発ゴール・ターゲット達成への進捗状況をはかることを目的とひています。このレビュー会議は、国際的なハイレベルの話し合いの場を提供し、そこで出席者が見解を共有し合い、成功した開発アプローチを明らかにしてそれらを分析したりすることによって、開発目標を達成するための活動を拡大したり推進することを可能としています。

レビュー会議は、一般議論の部と大臣やレビュー会議テーマの主要専門家が話し合うラウンドテーブルの部から構成されています。さらに、国代表が、自発的国家プレゼンテーション(NVPs)を行う機会もあります。 IPPFは、各AMRに書面で声明を提出しています。そして、もしも出席している場合には、声明をその場でも発表しています。各セッションの最後に採択される「大臣級宣言」に含まれる言語についてもはたらきかけています。

このページをシェアする