パートナーシップと連携

Displaying 1 - 3 of 3

主要なパートナー
国際家族計画連盟(IPPF)は、「FP2020国際パートナーシップ」に積極的に参加しています。 そのリファレンスグループに、家族計画関係者のリーダー達と共に参加し、女性と少女たちが子供を持つか持たないか、いつ、何人の子供を持ちたいかについて自ら決断する権利を支援しています。 世界最大の家族計画提供機関として、IPPFは、国際的に家族計画を牽引する役割を果たします。 IPPFは、2012年から2020年までに、「FP2020」の重点対象国69か国のうちの59か国で、6千万人のこれまで家族計画サービスを受けたことのない人々にサービスを届けるという大胆な約束をしました。
主要なパートナー
国際家族計画連盟(IPPF)は、「アドバンスト・ファミリー・プランニング(AFP)」の国内・国際レベルの政策提言活動に助言を行い、協力しています。 この協力によって、効果的な政策提言活動を通じ、家族計画に確実にアクセスできるようにするために必要な経済投資と政治的コミットメントを増大させることを目指しています。 AFPは、インド、インドネシア、ウガンダ、ケニア、コンゴ民主共和国、セネガル、タンザニア、ナイジェリア、ブルキナファソで特別ファンドを活用して活動する20以上の機関から構成されています。.
主要なパートナー
国際家族計画連盟(IPPF)は、「リプロダクティブ・ヘルス・サプライ・コアリション(RHSC)」のメンバーとして活発に活動しています。 RHSCによって、リプロダクティブ・ヘルスサービス提供に必要となる物資の供給が途切れないようにするための活動分野にIPPFはより大きな貢献をすることになりました。 IPPFとRHSCは、リプロダクティブ・ヘルス関連物資へのアクセスの拡大に、世界の注目がより集まるように働きかけることにより、誰もが必要なときに、自分の望むリプロヘルス関連物資に確実に手が届くようにすることをSRHR提供の大きな柱として打ち立てました。

このページをシェアする