女性と少女たち

2015年、すべてのサービスの利用者のうち81%は女性と少女たちでした。

避妊具(薬)や人口妊娠中絶に関連するサービスに加えて、IPPFはさらに2,220万件の婦人科サービス、1,320万件の産科サービス、950万件の小児科サービスを提供しました。

加盟協会は210万件の性とジェンダーに基づく暴力の被害者支援に関連するサービスを提供しました。そのうちの多くは、親しいパートナーから暴力の割合が非常に高い、アフリカ、西半球と南アジア地域で提供されました。

このページをシェアする