シニア・マネジメント・チーム

地域事務局長 などから構成されるシニア・マネジメント・チームは日々の組織運営に取り組み、事務局の各部門を代表します。

シニア・マネジメント・チームのメンバーは、セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖の健康)の分野に関係する、それぞれの専門において深い知見をもちます。多くは非営利や民間の非政府組織での職務経歴があり、信頼と実績のあるリーダーシップによってIPPFの確固とした基盤を築きます。

アルバロ・ベルメホ(Alvaro Bermejo)、事務局長

国際家族計画連盟(IPPF)の事務局長に選ばれたアルバロ・ベルメホは、過去20年以上、医療関係の国際組織で役員を務めてきました。HIV/AIDS、人道問題、保健政策が専門です。ベルメホ氏は現在、子ども投資基金財団(CIFF: Children's Investment Fund Foundation)の サバイブアンドスライブ(Survive and Thrive、子どもたちの命と元気な成長を守る)ポートフォリオの事務局長として、思春期のセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスを中心に、保健医療、栄養、教育などを含む途上国への支援活動を統括してきました。アルバロ・ベルメホ氏は、2018年3月1日よりIPPF事務局長に着任し、当初の任期は4年の予定です。

スネジャナ・ボクリッチ(Snježana Bokulić)、パフォーマンス事業部長

2016年より現職。スネジャナ・ボクリッチは国際人権に知見を持つ国際開発の専門家として、多くの経験があります。前職では、欧州安全保障協力機構(OSCE)の民主制度・人権事務所(ODIHR)の所長を務め、国際的な政府組織や非政府組織で、開発、人権と保障の分野で力を尽くしてきました。

スネジャナは、厳密なプログラムのモニタリングや評価システムなど、組織戦略や方針策定に携わってきました。これには、アフリカ、アジアや欧州などで各国レベルにおける人権強化のための、結果を重視する政策提言活動や市民社会組織(CSO)向けの能力開発プログラムも含まれます。学歴としては、ビジネス・ジャーナリズム(学士)、東南ヨーロッパ学(修士)、国際人 権法の法学修士号(LLM)を取得しています。

イルマ・メルカム(Yilma Melkamu)、プログラム部長

イルマは医師で、2016年にIPPF英国本部のプログラム部長に就任するまで、アフリカ地域事務局のプログラム・事業技術支援部長を2009年から務めていました。家族計画、包括的な人工妊娠中絶ケア、質の高いケア、HIVとAIDS、安全な妊娠・出産、セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスサービスのソーシャル・フランチャイズなど、様々なプログラム管理に関して15年以上の経験があります。

IPPFに参加する以前、イルマはエチオピアで、「パスファインダー・インターナショナル」と「マリー・ストープス・インターナショナル」に勤務しました。保健省、国連や複数の大学で、国家レベル、または国際レベルの公衆衛生について助言を行いました。アディスアベバ大学で教鞭をとり、妊産婦と新生児保健、包括的な人工妊娠中絶ケア、そしてHIVとAIDSなど、家族計画の各分野について、エチオピア国内、または国際的な学術誌において多数の論文を発表しています。

地域事務局長

6人の地域事務局長は管轄地域内で、健全で質の高い組織運営を推進し、地域の加盟協会の業務をサポートします。