中央理事会

中央理事会は、理事長/議長、監査役の名誉役員を2名選出します。中央理事会の会合には、監査委員会の議長、法務協議会の議長、事務局長、及び前理事長も職権上、理事会に出席します。

各地域からは最低1人は25歳未満の若者が代表として選ばれなければなりません。また地域代表の半数以上は女性でなくてはなりません。中央理事会のメンバーは平等に投票権を持ちますが、議長/理事長は同票数となった場合に決定投票を行う権利を持ちますが、監査委員会の議長、名誉法務協議会の議長、事務局長、及び前理事長は投票権を持ちません。

中央理事会の役職

  • 理事長/議長 ラナ・アブ・ガザレ(Rana Abu Ghazaleh)
  • 監査役 ジョン・タンギ(John Tangi)
  • 法務協議会 議長 ヴィヴィアナ・ワイスマン(Viviana Waisman)
  • 加盟協会審査委員会 議長 ナポレオン・ヘルナンデス(Napoleon Hernandez)

ラナ・アブ・ガザレ理事長/議長

ラナ・アブ・ガザレ新会長は15年以上、IPPFアラブ地域にあるIPPFパレスチナ(PFPPA)のボランティアをしています。IPPFの中央理事会に地域から若者代表として選出され、パレスチナとアラブ地域におけるセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス/ライツの向上を目指す活動を続けてきました。

ガザレ氏は、パレスチナ自治区、ヨルダン川西岸にあるビルゼイト大学で学士(理学、建築工学)を取得後、フルブライト奨学金を得て米国ニューヨーク州立大学バッファロー校に留学し、理学修士号(都市計画)を取得しました。専門はコミュニティと国際・経済開発です。

ジョン・タンギ 監査役

タンギ氏は IPPFクック諸島(CIFWA)の理事長で、IPPF東・東南アジア・大洋州地域(ESEAOR)の理事を務めていました。

 

中央理事会理事一覧

中央理事会の24人の理事は以下のとおりです。

アフリカ地域

  • マリー・ムシフ(Marie Musifu)
  • アントニオ・ニクイス(Antonio Niquice)
  • クレメンタイン・グエルムバエ・プロムボジェ(Clementine Guelmbaye Pouloumbodje)

アラブ地域

  • ラナ・アブ・ガザレ(Rana Abu Ghazaleh)
  • モハメッド・タレク・ゲディラ(Mohamed Tarek Ghedira)
  • メイサム・シューマン(Maysam Shouman)

東・東南アジア・大洋州地域

  • シャンシャン・ヘ(Shanshan He)
  • ジョン・タンギ(John Tangi)
  • イソク・キム(Eui Sook Kim)

欧州地域

  • アリス・アッカーマン(Alice Ackermann)
  • ガブリエル・ビアンキ(Gabriel Bianchi)
  • レーネ・スタヴンガード(Lene Stavangaard)

南アジア地域

  • ウマル・マヴェ・アリ(Umar Mavee Ali)
  • マフタブ・アクバル・ラシュディ(Mahtab Akbar Rashdi)
  • アム・シン・シジャパティ(Amu Singh Sijapati)

西半球地域

  • ダイアナ・バルコ(Diana Barco)
  • ドーニャ・ナッサー(Donya Nasser)
  • ジョヴァナ・リオス(Jovana Rios)

中央理事会 外部顧問

  • リオネル・ブリオッソ医師(Dr. Lionel Briozzo)
  • ロード・ジョナサン・オーツ(Lord Jonathan Oates)
  • 仲條亮子氏(Ms. Akiko Nakajo)
  • トレーシー・ロビンソン氏(Ms. Tracy Robinson)
  • ジル・シェフィールド氏(Ms. Jill Sheffield)
  • シャーマン・ストーン博士(Dr. Sharman Stone)