現在のアフガニスタン情勢に関するIPPF声明

This article is available in English and Japanese.

IPPF logo

現在のアフガニスタン情勢について、国際家族計画連盟(IPPF)の Dr アルバロ・ベルメホ事務局長は次のように言及しました。

「アフガニスタンの情勢について、IPPFは深い懸念を表明します。権限を持つ者たちは、アフガニスタンの女性と少女の命を守るため、大きな蓄積をしてきた同国のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスケアの提供を継続できるようにし、連携パートナーとNGOとの協働を継続してください」

 

「英国政府もまた、 アフガニスタンの人々に対して大きな責任があります。ボリス・ジョンソン首相が述べたように、英国はアフガニスタンに背中を向けてはなりません。重ねての要請ですが、英国政府はこれまでに削減した海外援助をすぐに戻し、もっとも助けが必要な時に対象国から除外したアフガニスタンに、援助を再開してください」

 

「国際社会に対しては、IPPFのパートナー団体を含む、アフガニスタンの人々との連帯をお願いします。彼らはこの危険な状況の中でも、必要な人たちの命を守る医療ケアを届けています」

※IPPFでは、アフガニスタンの現況に鑑み、アフガン女性の安全を期するため、当面アフガニスタン関連のコンテンツをアクセス不可としております。ご不便をおかけしますが、よろしくご理解いただきますようお願いいたします※