人道支援

2017年、IPPFは命にかかわるセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスサービスを、推定310万人の人道危機下にある人々に提供しました。IPPFが提供する命を救うための情報やサービスは包括的パッケージなっており、避妊法、安全な人工妊娠中絶、母子保健、性とジェンダーに基づく暴力の予防とケア、性感染症とHIVの治療、予防、ケアが含まれます。

 

IPPFは人道支援に関して独自の能力開発モデルを展開しています。このモデルは、発災時、瞬時に効果的な支援を行えるように、また将来、起こりうる災害に十全に対応できるよう、設計されています。(下の参考動画は英語です。)