WHITE RIBBON RUN 2020

ホワイトリボンランは、38日の国際女性デーに合わせ、すべての女性が望むときに安全に妊娠・出産を迎えられる世界を目指して、日本と世界各国の人々が走るチャリティーイベントです。IPPFの東京連絡事務所である公益財団法人ジョイセフが呼びかけ、2016年にスタートしました。今では世界で4500人以上が参加するイベントに成長しました。5回目となる2020年は、「どこでも誰でもバーチャルラン」として、世界と日本各地で参加者が走り、盛り上がりをみせています。

世界からの参加者:ホワイトリボン・アライアンス(WRA、米国)、IPPF本部(英国)、IPPF東・東南アジア・大洋州地域事務局(IPPF ESEAOR、マレーシア)、ガーナ・カンボジア・ケニア・ザンビア・シエラレオネ・タンザニア・タイのMA、アフガニスタン・ガボン・バングラデシュ・ミャンマー・メキシコ・エルサルバドル・グアムの有志など