出版物・資料

Displaying 1 - 9 of 9

資料の種類
ビデオ
グローバル・ギャグ・ルールは、米国の方針に同意しない機関や団体に援助を提供しないという政策です。中絶と中絶に関連したサービスの提供をターゲットにしています。
Resource type
スライドショー
IPPF加盟協会、IPPFモザンビーク(AMODEFA)が国内で提供するヘルスサービスは、多くの人々の命に関わっています。しかし米国政府によるグローバル・ギャグ・ルールの実施で、多くのヘルスサービスの存続が危ぶまれています。グローバル・ギャグ・ルール(メキシコシティ政策とも)は、中絶のカウンセリングと手術に関連した活動を行う団体が実施するすべての保健プログラムに対し、米国政府の援助金をすべて停止するという政策です。
Resource type
スライドショー
カンボジアの衣料品工場で働いている人は70万人余りですが、その多くは地方から出稼ぎに来た、学歴の低い女性たちです。IPPFカンボジア(RHAC)のスレン医師によると、女性労働者の多くは自分の命にかかわるような保健の知識がなく、医療機関への不信が強く、医療ケアをどこで受けてよいかも知りません。 RHACが衣料品工場への保健アウトリーチプログラムを始めたのは1998年でした。現在、合計で13万429人の労働者が働く、82カ所の工場でプログラムを実施しています。参加者のうち、2万8,000人はRHACのスタッフがリードするグループディスカッションに参加したことがあります。冒頭の場面にあるようなヘルスデーイベントに参加したことがある労働者は、6万7,000人以上になります。
資料の種類
ビデオ
米国が再導入を予定するグローバル・ギャグ・ルールによって、世界中で発生する健康への損失を試算しました。再導入により、特に貧困や周縁化されたコミュニティの女性が大きな影響を受けます。
資料の種類
ビデオ
12月1日の世界エイズデーにあわせて、IPPFはDurexの協力を得て、リスクの高い性行為に対する啓発キャンペーン動画を公開しました。
資料の種類
ビデオ
女性のエンパワメントは、その健康とウェルビーイング(幸福)に欠かせません。 政府、民間企業、市民社会が連携して、ガーナ北部の電気のないコミュニティで女性の健康とジェンダーの平等の問題に取り組みました。
資料の種類
ビデオ
若者には、セックスと性についての情報や教育を受ける必要があり、また受けて当然です。
資料の種類
ビデオ
アフガニスタンでは、性的、身体的、経済的、心理的な暴力を一度でも受けたことのある女性の割合が、全体の90%近くに上ります。このような女性たちを支援するため、IPPF日本HIV・リプロダクティブ・ヘルス信託基金(JTF)プロジェクトにより女性のエンパワーメントや、女性たちの人生を変えるためのプログラムが実施されています。IPPFアフガニスタン(AFGA)は各地で保健サービスや暴力やHIV関連のカウンセリングを提供しており、これによりHIV感染率が大きく低減しました。
資料の種類
ビデオ
今後数年間に、新しい国際開発目標が決められます。これは世界をより公正で、より多くの選択肢があり、人々がより安寧に生きられる場所にするためのまたとない機会です。 セクシャル/リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)は、このビジョンの核心です。 しかし、行く先はまだ長いのです。地球規模のセクシャル/リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)関連事業のための資金は激減しました。一方、世界で2億2千2百万人の女性と少女が希望しながら家族計画にアクセスできていません。 IPPFは支援者と政府に共にこの状況を変えることを呼びかけているのはこのためです。 ビジョン2020は、10の行動を呼びかけ、世界中の全ての人に セクシャル/リプロダクティブヘルス・ライツを現実のものとするための10のステップです。 是非ビジョン2020をサポートしてください。