出版物・資料

Displaying 1 - 10 of 28

資料の種類
出版物
活動一覧は、国際家族計画連盟(IPPF)の一年の業績データをポケットサイズにまとめています。活動一覧はアラビア語、中国語、フランス語、日本語、ポルトガル語、スペイン語の6カ国語で読むことができます。
資料の種類
出版物
国際家族計画連盟(International Planned Parenthood Federation:IPPF)は国際赤十字・赤新月社連盟に次ぐ世界的な国際NGO。ジェンダー平等はもちろん、すべての人々がいかなる差別も受けずに、自分の人生を切り拓くことできる世界の実現を目指します。 世界のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツの課題と、それに対するIPPFの取り組み、そしてIPPFで働く魅力をご紹介します。
資料の種類
ビデオ
グローバル・ギャグ・ルールは、米国の方針に同意しない機関や団体に援助を提供しないという政策です。中絶と中絶に関連したサービスの提供をターゲットにしています。
資料の種類
出版物
この報告書はIPPFが企画し、IPPF 日本HIV/リプロダクティブ・ヘルス信託基金(JTF)の出資により制作されました。エビデンスや事例に基づき、セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス/ライツへのユニバーサル・アクセスを実現するための課題やメリットについて論じています。
資料の種類
出版物
2016年のIPPFの成果をご覧ください。
資料の種類
出版物
グローバル・ギャグ・ルールは米国国際開発庁(USAID)の援助を受ける国際組織が、中絶と中絶のカウンセリングを保健サービスとして提供するだけでなく、妊娠した女性の選択肢として中絶を提案することも、中絶を家族計画とセクシュアル/リプロダクティブヘルスケアの一部とすることも差し止める政策です。中絶を希望する女性と少女を医療機関に照会することもできません。
資料の種類
出版物
IPPF VISION2020 ジェンダーレポート ジェンダーの平等と女性のエンパワーメントを目指して 女性のエンパワーメントやジェンダーの平等には、セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)の実現が不可欠です。女性が健康で、自分の健康や幸福、性に関する選択ができる社会でなければ、少女や女性が、妊娠・出産で命を落とす危険や、暴力に脅えることなく、教育を受けたり、活躍したりすることが望めないからです。この冊子では、女性が社会、経済、政治の場面で活躍するために必要な SRHRの実現について考えます。
資料の種類
出版物
IPPF戦略枠組2016-2022を導入して初めての年次報告書になります。
資料の種類
出版物
人道危機が発生すると、国際家族計画連盟(IPPF)は真っ先に現場に向 かい、生死に関わるセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス(SRH:性と生殖 に関する健康)サービスを提供します。アクセスが非常に悪い地域では、保 健医療サービスを提供する団体がIPPFだけということも珍しくありません。
資料の種類
ビデオ
米国が再導入を予定するグローバル・ギャグ・ルールによって、世界中で発生する健康への損失を試算しました。再導入により、特に貧困や周縁化されたコミュニティの女性が大きな影響を受けます。