ケニア

Displaying 1 - 5 of 5
IPPFのSPRINTは、危機下やその後に、救命必須セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスサービスを人々が確実に受けられるようにするためのイニシアティブです。 オーストラリア政府の外務通商省(DFAT)による資金援助により、SPRINTイニシアティブは、セクシュアル・リプロダクティブヘルスを人道支援に持ち込み、地域の緊急対応能力を育成しています。
2000年に、日本政府との協力によりアフリカとアジアのIPPF加盟協会が、包括的なHIVおよびセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスサービスを提供する活動を支援する先験的な協働プログラム「IPPF日本信託基金」が始まりました。 以後、このプログラムは、社会的弱者の生活に違いを生み出しただけでなく、IPPFのHIV関連事業の拡大にも大きな貢献をしてきました。 日本信託基金(JTF)プログラムが開始された2000年には、世界のIPPF加盟協会が提供したHIV関連サービス数は15万5,562件でしたが、2010年には、1,200万件にまで増大しました。 ドキュメント Japan Trust Fund: Positive action in India.pdf 127.1 KB ドキュメント Japan Trust Fund: Safe motherhood in Palestine.pdf 578.08 KB Japan Trust Fund: Safe motherhood in Palestine (Japanese).pdf 235.33 KB ドキュメント Japan Trust Fund: Care for pregnant ...
主要なパートナー
国際家族計画連盟(IPPF)は、「アドバンスト・ファミリー・プランニング(AFP)」の国内・国際レベルの政策提言活動に助言を行い、協力しています。 この協力によって、効果的な政策提言活動を通じ、家族計画に確実にアクセスできるようにするために必要な経済投資と政治的コミットメントを増大させることを目指しています。 AFPは、インド、インドネシア、ウガンダ、ケニア、コンゴ民主共和国、セネガル、タンザニア、ナイジェリア、ブルキナファソで特別ファンドを活用して活動する20以上の機関から構成されています。.
資料の種類
出版物
第5回国際アフリカ開発会議(TICADV、2013年6月に横浜で開催)で、ウガンダにおける日本信託基金プロジェクト概要を紹介しました。
2013年5月のWomen Deliver会議において、国連人口基金(UNPFA)と国際家族計画連盟(IPPF)が新たなレベルのパートナーシップを結んだ。これにより13カ国で、特に自然災害や紛争における脆弱な集団に焦点を当てた家族計画サービスへの投資を大きく促すことになるとみられる。
Region
アフリカ地域事務局
IPPFのSPRINTは、危機下やその後に、救命必須セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスサービスを人々が確実に受けられるようにするためのイニシアティブです。 オーストラリア政府の外務通商省(DFAT)による資金援助により、SPRINTイニシアティブは、セクシュアル・リプロダクティブヘルスを人道支援に持ち込み、地域の緊急対応能力を育成しています。
2000年に、日本政府との協力によりアフリカとアジアのIPPF加盟協会が、包括的なHIVおよびセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスサービスを提供する活動を支援する先験的な協働プログラム「IPPF日本信託基金」が始まりました。 以後、このプログラムは、社会的弱者の生活に違いを生み出しただけでなく、IPPFのHIV関連事業の拡大にも大きな貢献をしてきました。 日本信託基金(JTF)プログラムが開始された2000年には、世界のIPPF加盟協会が提供したHIV関連サービス数は15万5,562件でしたが、2010年には、1,200万件にまで増大しました。 ドキュメント Japan Trust Fund: Positive action in India.pdf 127.1 KB ドキュメント Japan Trust Fund: Safe motherhood in Palestine.pdf 578.08 KB Japan Trust Fund: Safe motherhood in Palestine (Japanese).pdf 235.33 KB ドキュメント Japan Trust Fund: Care for pregnant ...
主要なパートナー
国際家族計画連盟(IPPF)は、「アドバンスト・ファミリー・プランニング(AFP)」の国内・国際レベルの政策提言活動に助言を行い、協力しています。 この協力によって、効果的な政策提言活動を通じ、家族計画に確実にアクセスできるようにするために必要な経済投資と政治的コミットメントを増大させることを目指しています。 AFPは、インド、インドネシア、ウガンダ、ケニア、コンゴ民主共和国、セネガル、タンザニア、ナイジェリア、ブルキナファソで特別ファンドを活用して活動する20以上の機関から構成されています。.
資料の種類
出版物
第5回国際アフリカ開発会議(TICADV、2013年6月に横浜で開催)で、ウガンダにおける日本信託基金プロジェクト概要を紹介しました。
2013年5月のWomen Deliver会議において、国連人口基金(UNPFA)と国際家族計画連盟(IPPF)が新たなレベルのパートナーシップを結んだ。これにより13カ国で、特に自然災害や紛争における脆弱な集団に焦点を当てた家族計画サービスへの投資を大きく促すことになるとみられる。