出版物・資料

Displaying 1 - 10 of 36

資料の種類
出版物
国際家族計画連盟(IPPF)の活動一覧 2019 は、2019年度の活動報告書から主要な成果を抜粋したものです。日本語と韓国語のほか、アラビア語、英語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語版があります。
資料の種類
出版物
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、各国の保健システムが危機的な状況を迎えています。途上国においては特にセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス(SRH)サービスへの影響が日を追うごとに深刻になっています。 会議ツールZOOMを使い、英国、ロンドンと、マレーシア、クアラルンプールで勤務する国際家族計画連盟(IPPF)の日本人スタッフにお話を伺います。主にアジアを中心とした各国の状況と国際機関の対応について話していただきます。ぜひご参加ください。
資料の種類
ビデオ
ホワイトリボンランは、3月8日の国際女性デーに合わせ、すべての女性が望むときに安全に妊娠・出産を迎えられる世界を目指して、日本と世界各国の人々が走るチャリティーイベントです。IPPFの東京連絡事務所である公益財団法人ジョイセフが呼びかけ、2016年にスタートし今では世界で4500人以上が参加するイベントに成長しました。
資料の種類
出版物
2019年11月30日から12月1日まで、インドのニューデリーで国際家族計画連盟(IPPF)の総会が行われました。根本的に連盟を改革するという委員会の提案に、加盟協会(MA)圧倒的な支持を示し、歴史に残る決断がなされました。
資料の種類
出版物
この文書は、グットマッハー・ランセット コミッションが2018年5月に発表した報告書に基づいて、人権の観点からエビデンスに基づいた、包括的なセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖の健康と権利:SRHR)の新しい定義と、推奨される必須SRHR関連事業の包括的なパッケージについて、1ページにまとめました。
資料の種類
出版物
活動一覧は、国際家族計画連盟(IPPF)の一年の活動と成果をポケットサイズにまとめた資料です。 英語のほか、アラビア語、フランス語、日本語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語の各版があります。
資料の種類
出版物
活動一覧は、国際家族計画連盟(IPPF)の一年の業績データをポケットサイズにまとめています。活動一覧はアラビア語、中国語、フランス語、日本語、ポルトガル語、スペイン語の6カ国語で読むことができます。
資料の種類
出版物
国際家族計画連盟(International Planned Parenthood Federation:IPPF)は国際赤十字・赤新月社連盟に次ぐ世界的な国際NGO。ジェンダー平等はもちろん、すべての人々がいかなる差別も受けずに、自分の人生を切り拓くことできる世界の実現を目指します。 世界のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツの課題と、それに対するIPPFの取り組み、そしてIPPFで働く魅力をご紹介します。
資料の種類
ビデオ
グローバル・ギャグ・ルールは、米国の方針に同意しない機関や団体に援助を提供しないという政策です。中絶と中絶に関連したサービスの提供をターゲットにしています。
Resource type
スライドショー
IPPF加盟協会、IPPFモザンビーク(AMODEFA)が国内で提供するヘルスサービスは、多くの人々の命に関わっています。しかし米国政府によるグローバル・ギャグ・ルールの実施で、多くのヘルスサービスの存続が危ぶまれています。グローバル・ギャグ・ルール(メキシコシティ政策とも)は、中絶のカウンセリングと手術に関連した活動を行う団体が実施するすべての保健プログラムに対し、米国政府の援助金をすべて停止するという政策です。