ストーリー

Displaying 1 - 6 of 6

コミュニティで効果を上げているHIV予防活動を止めなければならない。IPPFザンビア(PPAZ)の実施するUSAIDオープンドア・プロジェクトのサービスデリバリー・マネージャーを務めていたチピリ・ムレムフウェさんは少なからぬショックを受けました。
コミュニティに住む人々にHIV陽性だと知られたミラン・カダカさんは、過去に差別を受けましたが、現在ではIPPFネパール(FPAN)の在宅コミュニティ・ケア・モビライザーです。得意の音楽を使い、若者にHIVの知識を広め、差別を和らげるための活動を続けています。
ジヘ・ホンさんはIPPFタイ(PPAT)の「HIVと性感染症予防チーム」の一員として、首都バンコクとその周辺でボランティア活動をしています。
ザンビアの村に住む20歳のプルーデンス・ムウェルワ(仮名)さんは、初めての出産を自宅で迎えていたら、今ごろ、生きてはいなかったと感じています。出産時に大量出血があったため、もしも親族だけの立ち会いだったら、適切な止血処置を受けることは不可能だったからです。
ウガンダで生きるLGBTIの人々は、しばしば差別や法的な規制を含む社会的、政治的なプレッシャーにより抑圧されます。キサケイはIPPFから受けた支援について、このように語ります。
インドの売春宿には人身売買されたネパール人の少女や女性たちが20万人いると推定されています。19歳のスニタは17歳の時にインドに人身売買されました。現在、スニタはIPPFが資金提供したマッシュルーム畑を共同で所有し、未来に対して大きな希望を持っています。