女性と少女たち

 

2018年に国際家族計画連盟(IPPF)のサービスを受けた人の84%が女性と少女でした。

避妊法と中絶関連サービスに加え、婦人科関連で3,450万件、産科関連で2,070万件、小児科関連で1,310万件のサービスを提供しました。

加盟協会(MA)は性とジェンダーに基づいた暴力に関連するサービスを3,900万件提供しました。サービスの多くはアフリカ、西半球(南北アメリカ)、南アジアといった、親密なパートナー間の暴力の発生率が高い地域で提供されました。

女性と少女に関するプログラムについては、下記もご参照ください(英語)。

セーフ・アボーション・アクション・ファンド(Safe Abortion Action Fund、安全な中絶のために活動する基金)