- - -
「中絶を受けた人を愛しています」と書かれたプラカードを掲げる人

04 May 2022

人工妊娠中絶を受ける権利を認めた画期的な米最高裁判決の持つ影響力と、これを覆してはならない理由について

「中絶を受けた人を愛しています」と書かれたプラカードを掲げる人

04 May 2022

人工妊娠中絶を受ける権利を認めた画期的な米最高裁判決の持つ影響力と、これを覆してはならない理由について

12 July 2021

世界人口デー記念として、IPPF-UNFPA活動報告会が2021年7月6日に衆議院第一議員会館で開かれました。 主催は国際人口問題議員懇談会(JPFP)、共催は国際家族計画連盟(IPPF)、国連人口基金(UNFPA)、人口と開発に関するアジア議員フォーラム(AFPPD)、アジア人口・開発協会(APDA)、公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)をメンバーとするSDGs-人間の安全保障・人口アライアンスでした。

12 July 2021

世界人口デー記念として、IPPF-UNFPA活動報告会が2021年7月6日に衆議院第一議員会館で開かれました。 主催は国際人口問題議員懇談会(JPFP)、共催は国際家族計画連盟(IPPF)、国連人口基金(UNFPA)、人口と開発に関するアジア議員フォーラム(AFPPD)、アジア人口・開発協会(APDA)、公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)をメンバーとするSDGs-人間の安全保障・人口アライアンスでした。

a client received a jab

07 April 2021

世界保健デーに、COVID-19が健康格差に苦しむコミュニティに与えた深刻な影響を振り返ります。また、ワクチン分配に注目して、より公平な、より健康な世界を実現する方法がないか、考察しました。

a client received a jab

07 April 2021

世界保健デーに、COVID-19が健康格差に苦しむコミュニティに与えた深刻な影響を振り返ります。また、ワクチン分配に注目して、より公平な、より健康な世界を実現する方法がないか、考察しました。

A silhouette of a woman and young child in Fiji

15 March 2021

世界中で、女性の3人に1人が生涯のうちに暴力を受けています。つまり、7億3,600万人の女性が親密なパートナーか、またはそうでない人から身体的、精神的、性的な暴力に遭います

A silhouette of a woman and young child in Fiji

15 March 2021

世界中で、女性の3人に1人が生涯のうちに暴力を受けています。つまり、7億3,600万人の女性が親密なパートナーか、またはそうでない人から身体的、精神的、性的な暴力に遭います

Dr. 北村邦夫(日本家族計画協会理事長)

27 May 2020

新型コロナウイルスの感染拡大という厳しい状況が続く中、「全国どこでも、誰でも、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス(SRH)サービスを受けられる社会を実現する」ことを運動目標として取り組んでいる日本家族計画協会(JFPA)として、今、何をすべきかを議論してきました。

Dr. 北村邦夫(日本家族計画協会理事長)

27 May 2020

新型コロナウイルスの感染拡大という厳しい状況が続く中、「全国どこでも、誰でも、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス(SRH)サービスを受けられる社会を実現する」ことを運動目標として取り組んでいる日本家族計画協会(JFPA)として、今、何をすべきかを議論してきました。

IPPFレバノン(SALAMA)で活動する助産師、マラク・ディラニさん

14 May 2020

COVID-19の影響について、IPPFレバノン(SALAMA)で活動する助産師、マラク・ディラニさんに話してもらいました。支援を続けているシリア難民を含む脆弱な人々のコミュニティへの影響についても聞きました。

IPPFレバノン(SALAMA)で活動する助産師、マラク・ディラニさん

14 May 2020

COVID-19の影響について、IPPFレバノン(SALAMA)で活動する助産師、マラク・ディラニさんに話してもらいました。支援を続けているシリア難民を含む脆弱な人々のコミュニティへの影響についても聞きました。

「中絶を受けた人を愛しています」と書かれたプラカードを掲げる人

04 May 2022

人工妊娠中絶を受ける権利を認めた画期的な米最高裁判決の持つ影響力と、これを覆してはならない理由について

「中絶を受けた人を愛しています」と書かれたプラカードを掲げる人

04 May 2022

人工妊娠中絶を受ける権利を認めた画期的な米最高裁判決の持つ影響力と、これを覆してはならない理由について

12 July 2021

世界人口デー記念として、IPPF-UNFPA活動報告会が2021年7月6日に衆議院第一議員会館で開かれました。 主催は国際人口問題議員懇談会(JPFP)、共催は国際家族計画連盟(IPPF)、国連人口基金(UNFPA)、人口と開発に関するアジア議員フォーラム(AFPPD)、アジア人口・開発協会(APDA)、公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)をメンバーとするSDGs-人間の安全保障・人口アライアンスでした。

12 July 2021

世界人口デー記念として、IPPF-UNFPA活動報告会が2021年7月6日に衆議院第一議員会館で開かれました。 主催は国際人口問題議員懇談会(JPFP)、共催は国際家族計画連盟(IPPF)、国連人口基金(UNFPA)、人口と開発に関するアジア議員フォーラム(AFPPD)、アジア人口・開発協会(APDA)、公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)をメンバーとするSDGs-人間の安全保障・人口アライアンスでした。

a client received a jab

07 April 2021

世界保健デーに、COVID-19が健康格差に苦しむコミュニティに与えた深刻な影響を振り返ります。また、ワクチン分配に注目して、より公平な、より健康な世界を実現する方法がないか、考察しました。

a client received a jab

07 April 2021

世界保健デーに、COVID-19が健康格差に苦しむコミュニティに与えた深刻な影響を振り返ります。また、ワクチン分配に注目して、より公平な、より健康な世界を実現する方法がないか、考察しました。

A silhouette of a woman and young child in Fiji

15 March 2021

世界中で、女性の3人に1人が生涯のうちに暴力を受けています。つまり、7億3,600万人の女性が親密なパートナーか、またはそうでない人から身体的、精神的、性的な暴力に遭います

A silhouette of a woman and young child in Fiji

15 March 2021

世界中で、女性の3人に1人が生涯のうちに暴力を受けています。つまり、7億3,600万人の女性が親密なパートナーか、またはそうでない人から身体的、精神的、性的な暴力に遭います

Dr. 北村邦夫(日本家族計画協会理事長)

27 May 2020

新型コロナウイルスの感染拡大という厳しい状況が続く中、「全国どこでも、誰でも、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス(SRH)サービスを受けられる社会を実現する」ことを運動目標として取り組んでいる日本家族計画協会(JFPA)として、今、何をすべきかを議論してきました。

Dr. 北村邦夫(日本家族計画協会理事長)

27 May 2020

新型コロナウイルスの感染拡大という厳しい状況が続く中、「全国どこでも、誰でも、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス(SRH)サービスを受けられる社会を実現する」ことを運動目標として取り組んでいる日本家族計画協会(JFPA)として、今、何をすべきかを議論してきました。

IPPFレバノン(SALAMA)で活動する助産師、マラク・ディラニさん

14 May 2020

COVID-19の影響について、IPPFレバノン(SALAMA)で活動する助産師、マラク・ディラニさんに話してもらいました。支援を続けているシリア難民を含む脆弱な人々のコミュニティへの影響についても聞きました。

IPPFレバノン(SALAMA)で活動する助産師、マラク・ディラニさん

14 May 2020

COVID-19の影響について、IPPFレバノン(SALAMA)で活動する助産師、マラク・ディラニさんに話してもらいました。支援を続けているシリア難民を含む脆弱な人々のコミュニティへの影響についても聞きました。