貧困で脆弱な立場にある人々

2018年、IPPFは推定5,470万人の貧困で脆弱な立場にある利用者にサービスを提供しました。これはIPPFサービス利用者10人あたり8人に当たります。

加盟協会は支援が困難な遠隔地に住む人々に、情報、教育とサービスを提供します。IPPFは、4万1,000カ所以上のサービス提供拠点を運営し、そのうち2万6,652カ所はIPPFが独自に運営する常設とモバイルクリニック(移動型)、アウトリーチサービス拠点、そしてコミュニティベースのサービス提供者です。IPPFの運営するサービス提供拠点の60%は農村部や郊外地域にあります。

社会的、能力的な問題により公的機関や民間パートナーによる支援を受けにくい人々に対し、加盟協会がサービスを提供しています。

支援を受けにくい人々には、若者、セックス・ワーカー、男性と性交する男性、薬物使用者、性的マイノリティや囚人が含まれます。