- - -
blank light blue

Media center

深刻化するウクライナ情勢に関するIPPF声明

アルバロ・ベルメホIPPF事務局長より

ウクライナから伝わってくる不穏な情報を受け、国際家族計画連盟(IPPF)は連盟とウクライナの加盟協会を代表して、以下のメディア向け声明を公表します。

戦時と人道危機下においてはセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス(SRH)ケアの必要性が急激に高まるのに、被災者・避難民となった人々の深刻な脆弱性は見過ごされがちです。特に女性、少女、周縁化された人々のニーズは見えにくくなり、意図しない妊娠、性感染症、性とジェンダーに基づく暴力のリスクが増えます。

アルバロ・ベルメホIPPF事務局長は次のように述べました。  

「IPPFはロシアのウクライナ侵攻が深刻化していることに強い懸念を示します。IPPFは強い責任のもと、特に人道危機下では脆弱性が見過ごされがちな女性、少女と周縁化された人々の命を守るSRHケアを国内全域にわたって提供できるよう尽力しています」  

「過去20年間、IPPFはウクライナの人々のリプロダクティブ・ライツを強化し、守るべく一貫して努力してきました。東部のルガンスク州、ドネツク州といった衝突の最前線では2014年から活動を続け、命を守るためのリプロダクティブ・ヘルスケア、心理社会的な支援、性とジェンダーに基づく暴力を受けた人々への質の高いケアを提供するため、地域の医療専門家に研修をしてきました」

「IPPFの活動チームはウクライナに残留する人々だけでなく、避難民となり、医療ケアを受け続けるために支援を必要とする人々のニーズにどう対応するか、地域全体として緊急対応策を検討しています。パートナー組織、他のNGOと緊密に連携し、医療ケアの中断ができるだけ小さくなるように尽力します」

「IPPFは国際社会と、また過去8年間、人として受ける必要のない苦しみと恐怖と困難に立ち向かってきたウクライナの勇気ある人々と連帯します。前線で活動するIPPFチームとも連帯します。彼らは危険を顧みず、もっとも必要とする人々の命を守る医療ケアを提供し続けています。IPPFは状況を細かく見きわめ、地域にいる仲間たちの安全確保に努めます」


この声明に関するお問合せはこちらまで

欧州(英語): [email protected]

英国その他(英語):カルメン・アイヴィ [email protected] もしくは [email protected]

日本語:[email protected]

when

country

ウクライナ

region

欧州地域事務局

Subject

Humanitarian, Sexual Health, 避妊

Related Member Association

Women Health and Family Planning - Ukraine