グローバル・ギャグ・ルールから一年

グローバル・ギャグ・ルール(GGR)は、米国の方針に同意しない機関や団体に、人々の命に関わる援助を提供しないという政策です。中絶と中絶に関連したサービスの提供をターゲットにしています。

国際家族計画連盟(IPPF)は GGRに同意しません。このことにより、今後3年間で1億米ドルもの資金を得られなくなります。

すべての女性と少女たちに選択の自由があり、性や生殖について何らかの強制を受けずに自由に生きる権利があると、 IPPFは信じています。

GGRの再導入と拡大から一年が経ちました。米国の国際援助がなくなったことで、人々はどのような影響を受けたのか、動画にまとめました。