性とジェンダーに基づく暴力に関する IPPF国際医学諮問委員会(IMAP)声明

世界中で女性の3人に1人(35%)が、一生の間で親密な関係にあるパートナーから身体的、性的な暴力を受けたことがあるか、パートナーでない相手から性的な暴力を受けたことがある(どちらも経験した場合も)と言われています。女性に対する暴力の大多数は、親密なパートナーによるものです。
2017年、世界中で8万7,000人の女性が殺害されましたが、その58%は親密なパートナーか家族によるものだと推定されます。性とジェンダーに基づく暴力(SGBV)は人権侵害であり、SGBVを受けることは死と傷害につながる上、個人の性、精神、身体の健康と、社会・経済面などに幅広く影響します。