ガーナ

Displaying 1 - 5 of 5
2000年に、日本政府との協力によりアフリカとアジアのIPPF加盟協会が、包括的なHIVおよびセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスサービスを提供する活動を支援する先験的な協働プログラム「IPPF日本信託基金」が始まりました。 以後、このプログラムは、社会的弱者の生活に違いを生み出しただけでなく、IPPFのHIV関連事業の拡大にも大きな貢献をしてきました。 日本信託基金(JTF)プログラムが開始された2000年には、世界のIPPF加盟協会が提供したHIV関連サービス数は15万5,562件でしたが、2010年には、1,200万件にまで増大しました。 ドキュメント Japan Trust Fund: Positive action in India.pdf 127.1 KB ドキュメント Japan Trust Fund: Safe motherhood in Palestine.pdf 578.08 KB Japan Trust Fund: Safe motherhood in Palestine (Japanese).pdf 235.33 KB ドキュメント Japan Trust Fund: Care for pregnant ...
資料の種類
出版物
「カチッ」 まだ明けきらぬ早朝に、そして、夜の帳が降りるころ。照明のスイッチをつける。 私たちが何気なく日々繰り返すその行為が、アフリカの電気のない村々で今、女性たちの生き方を変えつつあります。この出版物は、そのきっかけとなった「官・民・市民社会」連携による、新たな試みに関するものです。このプロジェクトは、IPPF日本信託基金の支援の下で実施されました。
資料の種類
ビデオ
女性のエンパワメントは、その健康とウェルビーイング(幸福)に欠かせません。 政府、民間企業、市民社会が連携して、ガーナ北部の電気のないコミュニティで女性の健康とジェンダーの平等の問題に取り組みました。
2014年11月2日、第55回日本熱帯医学会大会/第29回日本国際保健医療学会学術大会において、ジョイセフ主催でランチョンセミナーを行いました。ここでルシアン・クアクウIPPFアフリカ地域事務局長はIPPFの活動概要や日本とのつながり、特にODAやIPPF日本HIV・リプロダクティブ・ヘルス信託基金(JTF)助成プロジェクトによる成果について、自身がコートジボワールでJTFプロジェクトマネージャーを務めた経験を含め、紹介しました。
阿部俊子外務政務官の3日間にわたるガーナ訪問の機会に、日系民間企業と国際家族計画連盟(IPPF)の加盟協会であるIPPFガーナ(PPAG)が新たな協力関係を結ぶことが発表された。
Region
アフリカ地域事務局
2000年に、日本政府との協力によりアフリカとアジアのIPPF加盟協会が、包括的なHIVおよびセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルスサービスを提供する活動を支援する先験的な協働プログラム「IPPF日本信託基金」が始まりました。 以後、このプログラムは、社会的弱者の生活に違いを生み出しただけでなく、IPPFのHIV関連事業の拡大にも大きな貢献をしてきました。 日本信託基金(JTF)プログラムが開始された2000年には、世界のIPPF加盟協会が提供したHIV関連サービス数は15万5,562件でしたが、2010年には、1,200万件にまで増大しました。 ドキュメント Japan Trust Fund: Positive action in India.pdf 127.1 KB ドキュメント Japan Trust Fund: Safe motherhood in Palestine.pdf 578.08 KB Japan Trust Fund: Safe motherhood in Palestine (Japanese).pdf 235.33 KB ドキュメント Japan Trust Fund: Care for pregnant ...
資料の種類
出版物
「カチッ」 まだ明けきらぬ早朝に、そして、夜の帳が降りるころ。照明のスイッチをつける。 私たちが何気なく日々繰り返すその行為が、アフリカの電気のない村々で今、女性たちの生き方を変えつつあります。この出版物は、そのきっかけとなった「官・民・市民社会」連携による、新たな試みに関するものです。このプロジェクトは、IPPF日本信託基金の支援の下で実施されました。
資料の種類
ビデオ
女性のエンパワメントは、その健康とウェルビーイング(幸福)に欠かせません。 政府、民間企業、市民社会が連携して、ガーナ北部の電気のないコミュニティで女性の健康とジェンダーの平等の問題に取り組みました。
2014年11月2日、第55回日本熱帯医学会大会/第29回日本国際保健医療学会学術大会において、ジョイセフ主催でランチョンセミナーを行いました。ここでルシアン・クアクウIPPFアフリカ地域事務局長はIPPFの活動概要や日本とのつながり、特にODAやIPPF日本HIV・リプロダクティブ・ヘルス信託基金(JTF)助成プロジェクトによる成果について、自身がコートジボワールでJTFプロジェクトマネージャーを務めた経験を含め、紹介しました。
阿部俊子外務政務官の3日間にわたるガーナ訪問の機会に、日系民間企業と国際家族計画連盟(IPPF)の加盟協会であるIPPFガーナ(PPAG)が新たな協力関係を結ぶことが発表された。