母子保健

毎日、830人の女性が妊娠や出産に関連する原因によって命を落としています。さらに多くの女性は、妊娠出産の結果、深刻な疾病や長引く病気を抱えています。

IPPFは、クリニックや辺境地域へのサービスを通じて、またヘルスワーカーの訓練、必要不可欠な医薬品の手配や保健システムの強化によって、世界中で妊産婦の健康を推進するために活動しています。

 

資料の種類
ビデオ
米国が再導入を予定するグローバル・ギャグ・ルールによって、世界中で発生する健康への損失を試算しました。再導入により、特に貧困や周縁化されたコミュニティの女性が大きな影響を受けます。
ホワイトリボンランは、3月8日の国際女性デーに合わせ、すべての女性が望むときに安全に妊娠・出産を迎えられる世界を目指して、日本と世界各国の人々が走るチャリティーイベントです。IPPFの東京連絡事務所である公益財団法人ジョイセフが呼びかけて2016年にスタートし、今では世界で4500人以上が参加するイベントに成長しました。5回目となる2020年は、「どこでも誰でもバーチャルラン」として、世界と日本各地で参加者が走り、盛り上がりをみせています。
資料の種類
出版物
この文書は、グットマッハー・ランセット コミッションが2018年5月に発表した報告書に基づいて、人権の観点からエビデンスに基づいた、包括的なセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖の健康と権利:SRHR)の新しい定義と、推奨される必須SRHR関連事業の包括的なパッケージについて、1ページにまとめました。
国際家族計画連盟(IPPF)は、国連人口基金(UNFPA)と、IPPF東京連絡事務所であるジョイセフ(JOICFP)とともに、2017年12月15日、「UHCフォーラム2017」公式サイドイベント「UHCとユニバーサル・リプロダクティブ・ヘルス・カバレッジ~女性・若者が直面する課題に挑む~」を東京都内で開きました。
米国による グローバル・ギャグ・ルール(GGR)の適用範囲の拡大により、世界でもっとも貧困に苦しむ女性と少女たちの何百万という命が脅かされると、テウォドロス・メレッセIPPF事務局長は訴えています。
米国政府による国連人口基金(UNFPA)向け拠出金の停止に関する発表を受け、「(この決定は)世界中の女性や少女たちにとって絶望的な結果をもたらすだろう」と、国際家族計画連盟(IPPF)事務局長であるテウォドロス・メレッセは述べました。
日本政府による拠出に関する発表を受け、テウォドロス・メレッセIPPF事務局長から以下のコメントを発表します。
タンザニアのIPPF加盟協会であるNGO「タンザニア家族計画協会(UMATI)」の活動が2016年11月と12月、日本の複数の新聞記事に掲載されました。
IPPFのグローバルなネットワークを通じで、草の根のパートナーたちが1分当たり300以上の家族計画・保健医療サービスを日々、提供しています。世界中の人々の健康に対するグローバル・ギャグ・ルールの影響を、データとしてまとめました。
チュニジア出身で、医師でもあるリーム・ファヤラさんに、中東地域のセクシュアル/リプロダクティブヘルス/ライツ(SRHR)について聞きました。